LabVIEW備忘録

National Instruments社のグラフィカル言語 LabVIEWに関する学習Blogです。

DAQmx

シミュレーションデバイスの波形をすり替え

MAXのシミュレーションデバイスは実機レスである程度の計測システムを構築することが可能であり非常に有用である。が、シミュレーションデバイスの吐き出すアナログ波形は正弦波のみであり、物足りなく感じる場面も多々ある。下記は熱電対のチャートをそれっ…

波形を間引く

入力波形を係数分だけ間引いた波形を返す。平均化や実効値計算などはしておらず、単純に点を間引いているだけである。グラフやチャートが重すぎる場合や、サンプリング設定を変更しないで記録データを間引きたい場合に使用する。 DecimateWaveforms.zip - Go…

DAQデバイスが認識されない

Q:NI MAX(Measurement & Automation Explore)上でCompactDAQデバイスが見えているけど型番が正常に認識されないのだけれど(下図)?A:シャーシやデバイスが対応していません。または、タスク数がシャーシ仕様の上限を超えています。図の場合は旧世代の9162に対…

アナログ波形データのデータ量最適化(0)

NI社のCompatDAQシリーズを用いてアナログデータ収録を行う際のデータサイズについて検討する。簡単のため構成はNI cDAQ-9172 / NI 9221(±60 V、アナログ入力、800 kS/秒、8 Chモジュール)とする。 検証用として以下のコードを作成した。(もう少し複雑な処…